もともと運用に充てていたBTCの数量が減っているの理由とは?

1.片方の約定:

裁定取引とは売り買い両方とも約定することで、利益を確保するとの仕組みです。但し、片方の約定はどういう意味ですか?

例: 総資産 BTC = 1.0 BTC ETH = 20

  • ⇒ 下記例として、もし片方、買いの方のみ約定して、売りの方は残ってまま【リーブオーダーという】だっとしたら、この時点でETHの数は2個増えて、BTCの数は減らしたの状況です。そのまま続きだと、BTCの数減らして、ETH数を増やした。
  • ⇒ リーブオーダー自体は元々のバランスをズレる。先の例として、ETH 2個増やした同時に、BTC減らしたです。もしリーブオーダーの場合は、この時点で、BTC数減って、ETH2個増えた。
  • ⇒ リーブオーダーが約定次第に、先の増えたの2ETHとBTCバランスを戻します。

裁定取引を行いたいとき、未確定の場合:
① 2ETH ⇒ 0.030 BTC 買、 確定 ➡ BTC = 0.97 へ減って ETH = 22 へ増えた
② 2ETH ⇒ 0.032 BTC 売りできず 未確定➡ BTC = 0.97 変わらず ETH = 22 変わらず

この時点で、BTCのバランスをズレます。時間たって、上記(2)約定する場合は:

2ETH ⇒ 0.032 BTC 確定➡ BTC = 1.002 、ETH = 20 に戻す。この時点は、バランスを戻りました。

2.端数実行リスク

取引所で取扱い出来る最小数設定してるので、それ以下の数を約定の場合は、反対側の取引を発注しません。

先ほど(1)の例と説明しましょう。

最初は、2ETH(買)を発注するときに、もしただの0.01ETHしか約定してないの場合は、システムは1.99のETHオーダーををキャンセルして、0.01ETHの売側は、発注はしません。

理由は下記の通りです:
0.01 ETHで、BTC換算にすると【0.01 * 0.03BTC = 0.0003BTC】しかないので、ほとんどの取引所は最小発注は0.0005BTC以上しないといけないので、この時点で、20 ETHから20.01になって、BTC数も0.0003BTCの分を減ります。

3.システムと取引所との通信タイミング

どういう意味でしょうか?また、(1)の例と説明しましょう。

2 ETH(買)を発注した後、約定したかどうかを確認の上、売りの方にオーダーを出すの仕組みにです。ですが、取引所とシステムとの間の通信にはタイムラグがあるのケースもあります。
「約定してない」なメッセージを取引所からシステムに返しての一瞬、取引所のどころで約定しまった。システム側は約定してないの認識のため、売りの発注はしないの状況です。

その時の数はずれます。
2ETH ⇒ 0.030 BTC 買、 確定 ➡ BTC = 0.97 へ減って ETH = 22 へ増えた。

どうするの?

色々な理由で、元々の数をずれるのは現実です。常に自分の数を調整して、減ってた時に買い戻す。増えた時に売りだすのは一番大事と思います。それはマーケットリスクを最小限にするのことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *