7月の裁定取引のパフォーマンス – 第二弾

前回のブログで述べたように、7月の第1週は静かで市場は横ばいでした。 

https://arbitragewin.com/wp/2019/07/09/7%e6%9c%88%e3%81%ae%e8%a3%81%e5%ae%9a%e5%8f%96%e5%bc%95%e3%81%ae%e3%83%91%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b9/

しかしそれ以来、BTCマーケットはいろなな要因で、特にFacebookのLibraコインに関する規制上の不明な方向やトランプ大統領から変なコメント「ビットコインはお金ではなく、その価値は非常に不安定」の影響を受けました。

裁定取引戦略は最近の弱気市場にどのように反応しますか?

LTCBTC、MONABTC、BCHBTCおよびETHBTCのスプレッドは0.50%から1.00%の間で変動しますが、それでも簡単に利益を獲得できるという意味ではありません。主な理由は市場の流動性です。 BTCJPYは極端に価格が動いたが、投資家はBTCを売っても、アルコインを買うのではないの状況ですね。

仮に

  1. 90%の投資家がBTCを売却して、現金で保管すると。残りの10%がそれをアルコインに買う。それ状況で、BTC価格の急激な下落を引き起こしても、アルコールを買うバイヤーも少ないの状況です。裁定取引の売買約定のチャンス少なくなる。
  2. 90%の投資家がBTCを売却して、現金で保管ではなく、アルコインを買う。それ状況だと、BTC価格の急激な下落を引き起こし、アルコールを買うバイヤーも多くなるため、裁定取引の売買約定のチャンス割と多くなる。

6月のような強気市場では、投資家は売買に熱心です。これは市場で十分な流動性を生み出した。弱気市場と違うのは、投資家は売買取引に慎重になる傾向があります。アービトラージ戦略の重要な要素は、スプレッドと流動性です。利益を確保するために買いと売りを約定することが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *