ArbitrageWin v1.1.0.2-リリース

APIエラー時にどう対応する?

今のボットは、裁定取引機会の検索を実行し続け、発注するときにAPIエラーしても自動で停止しないです。これは、利益を積極的に獲得するためです。なんですが、日本の取引所では、たまにメンテナンスのために深夜に数分間サーバーをアクセスできない時もがあります。対策としては最良の方法では?

基本的に2つの方法があります。
1. 主に発注の時にAPIサーバーからエラーが発生した場合、すぐにボットを停止します。安全は安全ですが、ちょっと不便のどころがあります。もしも取引所側で毎日ただの数分間の停止の場合、毎日ボ​​ットを再起動する必要があるため、効率的ではないようです。

2. APIで発注するときエラーが発生した場合、ボットを数分間一時的に停止し、次の裁定取引チャンスの検索を自動的に再開します。ある時間中でAPIエラー続くの場合は停止する。

ArbitrageWinの新しいリリースでは、方法「2」に改良をします。

⇒ 発注するたびに、APIエラー時に10分間停止する。
⇒ 12時間以内、もしAPIエラー時に6回続くの場合は、完全にボートを停止します。ユーザーにLINEで通知する。その場合はユーサーが手動で再起動が必要です。

このロジックを入れれば、APIエラーを最小限することができると思います。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *