もともと運用に充てていたBTCの数量が減っているの理由とは?

1.片方の約定:

裁定取引とは売り買い両方とも約定することで、利益を確保するとの仕組みです。但し、片方の約定はどういう意味ですか?

例: 総資産 BTC = 1.0 BTC ETH = 20

  • ⇒ 下記例として、もし片方、買いの方のみ約定して、売りの方は残ってまま【リーブオーダーという】だっとしたら、この時点でETHの数は2個増えて、BTCの数は減らしたの状況です。そのまま続きだと、BTCの数減らして、ETH数を増やした。
  • ⇒ リーブオーダー自体は元々のバランスをズレる。先の例として、ETH 2個増やした同時に、BTC減らしたです。もしリーブオーダーの場合は、この時点で、BTC数減って、ETH2個増えた。
  • ⇒ リーブオーダーが約定次第に、先の増えたの2ETHとBTCバランスを戻します。

裁定取引を行いたいとき、未確定の場合:
① 2ETH ⇒ 0.030 BTC 買、 確定 ➡ BTC = 0.97 へ減って ETH = 22 へ増えた
② 2ETH ⇒ 0.032 BTC 売りできず 未確定➡ BTC = 0.97 変わらず ETH = 22 変わらず

この時点で、BTCのバランスをズレます。時間たって、上記(2)約定する場合は:

2ETH ⇒ 0.032 BTC 確定➡ BTC = 1.002 、ETH = 20 に戻す。この時点は、バランスを戻りました。

2.端数実行リスク

取引所で取扱い出来る最小数設定してるので、それ以下の数を約定の場合は、反対側の取引を発注しません。

先ほど(1)の例と説明しましょう。

最初は、2ETH(買)を発注するときに、もしただの0.01ETHしか約定してないの場合は、システムは1.99のETHオーダーををキャンセルして、0.01ETHの売側は、発注はしません。

理由は下記の通りです:
0.01 ETHで、BTC換算にすると【0.01 * 0.03BTC = 0.0003BTC】しかないので、ほとんどの取引所は最小発注は0.0005BTC以上しないといけないので、この時点で、20 ETHから20.01になって、BTC数も0.0003BTCの分を減ります。

3.システムと取引所との通信タイミング

どういう意味でしょうか?また、(1)の例と説明しましょう。

2 ETH(買)を発注した後、約定したかどうかを確認の上、売りの方にオーダーを出すの仕組みにです。ですが、取引所とシステムとの間の通信にはタイムラグがあるのケースもあります。
「約定してない」なメッセージを取引所からシステムに返しての一瞬、取引所のどころで約定しまった。システム側は約定してないの認識のため、売りの発注はしないの状況です。

その時の数はずれます。
2ETH ⇒ 0.030 BTC 買、 確定 ➡ BTC = 0.97 へ減って ETH = 22 へ増えた。

どうするの?

色々な理由で、元々の数をずれるのは現実です。常に自分の数を調整して、減ってた時に買い戻す。増えた時に売りだすのは一番大事と思います。それはマーケットリスクを最小限にするのことです。

アービトラージ実行リスク

この前はマーケットリスク少し書いてましたがhttps://arbitragewin.com/wp/2019/07/02/裁定戦略と市場リスク/

今日は続いては裁定取引実行リスクを説明します。

実行リスク

実行リスクには、一方で取引を実行し、取引の反対側で履行できない可能性があります。その理由の 1つは、入札価格または注文価格に対して移動された状態のためです。そういった利益未確定の時に、買い売り片方のみ約定した状態となってしまうため、コインの数が最初の保有数とずれます。

下記、例として説明します。利益を未確定の例:

  • Bittrex で100 MONA の売り。価格は0.00032
  • BitBank で100 MONA を買って、提示価格は0.0003ですが、約定は出来なくて、オーダーが残ったまま。その分の利益を確保できず、未定の利益となります。

この時点で、MONA の値段が2倍になるときに、100 MONA 買い戻すために、0.00060 BTC が必要となるので、全体的に BTC の換算するときに、BTC の総数は減ったようにみられます。これをマーケットリスクと言います。(※価格はその時の相場によります)

未確定時の対応とは?

コインの数がずれているときに、自己判断になりますが、ポジションを調整すると良いでしょう。できるだけ、売りの方の価格と近い、あるいは時間が経って(例えばー日、二日待って)値段が下がったら買い戻す。という調整を自身の取引所で行います。買いの場合は:

  1. 完成してないオーダーを取り消して
  2. 同じ数を現在の値段分、買い戻しをする。
  3. それとも、いまのオーダーを残ったままにしておく。値段が0.0003に戻れば、未確定の利益を確保する。

裁定戦略と市場リスク

私は、裁定取引のリスクとは、裁定取引戦略を実行するにはどのくらいの金額から始めるべきかについて多くの質問を受けました。

まずは、始めたいトレーディングペアに決まりましょう。資本が必要です。たとえば、アルトコインで裁定取引を実行する場合は、まずアルトコインを取得する必要があります。アービトラージ戦略は、HODLの投資家に適しています。だから、コインを選ぶことは比較的重要です。

裁定取引については、どのようにして始めたいのかもっと慎重に考える必要があるかもしれません。次のシナリオを見てみましょう。XXX-BTCペア間取引所 AとBのスプレッドが存在している。

まず始めに:

  1. 1.0 BTCを購入し、その後0.5 BTCの一部を価格0.005 BTCでXXXコインに購入します。100個のXXXコインを得る。
  2. 次に、BTCとXXXコインを取引所AとBに移動します。
  3. スプレッドが出てときはいつでも、取引所AとBの間で売買するための裁定取引プロセスを開始します。

数ヶ月後、アービトラージの活動の間の利益として得ています。しかし、資本の総額は下がるの可能性があります。例えば 3か月での裁定利益が合計0.15BTCであると仮定しましょう。総BTCは以下の通りです:

BTC = 0.50 (資本) + 0.15 (裁定取引の利益)

XXX = 100 (資本)

仮に、3が月後にXXXの価格は0.005から0.0025に下がったの場合、XXXをBTCに換算するときの総資産は0.25 BTCを減ってきました。全体的に見ると、BTCをそのままに保有しているだけでは、予想より0.05少なくなります。それはマーケットリスクといいます。

一方、XXXは3ヶ月で0.005から0.010に急上昇する。裁定取引から利益を得ること同時に資本の増価の利益もえているのことです。