アービトラージ実行リスク

この前はマーケットリスク少し書いてましたがhttps://arbitragewin.com/wp/2019/07/02/裁定戦略と市場リスク/

今日は続いては裁定取引実行リスクを説明します。

実行リスク

実行リスクには、一方で取引を実行し、取引の反対側で履行できない可能性があります。その理由の 1つは、入札価格または注文価格に対して移動された状態のためです。そういった利益未確定の時に、買い売り片方のみ約定した状態となってしまうため、コインの数が最初の保有数とずれます。

下記、例として説明します。利益を未確定の例:

  • Bittrex で100 MONA の売り。価格は0.00032
  • BitBank で100 MONA を買って、提示価格は0.0003ですが、約定は出来なくて、オーダーが残ったまま。その分の利益を確保できず、未定の利益となります。

この時点で、MONA の値段が2倍になるときに、100 MONA 買い戻すために、0.00060 BTC が必要となるので、全体的に BTC の換算するときに、BTC の総数は減ったようにみられます。これをマーケットリスクと言います。(※価格はその時の相場によります)

未確定時の対応とは?

コインの数がずれているときに、自己判断になりますが、ポジションを調整すると良いでしょう。できるだけ、売りの方の価格と近い、あるいは時間が経って(例えばー日、二日待って)値段が下がったら買い戻す。という調整を自身の取引所で行います。買いの場合は:

  1. 完成してないオーダーを取り消して
  2. 同じ数を現在の値段分、買い戻しをする。
  3. それとも、いまのオーダーを残ったままにしておく。値段が0.0003に戻れば、未確定の利益を確保する。

裁定取引:ダメのやり方

損の一番理由は下記の例として説明します。

  • MONA=2000
  • BTC=1.0
  • 1回の発注サイズ:100 MONA
  • 利益設定: 0.80%
  • BTC=0.5 で、MONA は 1000 個 BITTREX でおいてます。
  • BTC=0.5 で、MONA は 1000 個 BITBANK でおいてます。

通常ただしのやり方

  1. BITTREX と BITBANK のスプレッド 0.80%出て時に、アビトラは 100 づつで BITTREX で売って、Bitbank で 100 づつで買い戻す。
  2. 以上の 10 回続いて、BITTREX の MONA 数をゼロになった時に、同時に BITBANK で MONA を 1000から 2000 になりましたと。
  3. 通常ただしのやり方は(ポジションを調整といいます)。いつも最初のMONA数を維持するのことは大事です。

ア】BITBANK の MONA を 1000 個を BITBANK から BITTREX に送金するのことです。
イ】BITTREX の BTC を 0.5 を BITTREX から BITBANK に送金するのことです。
ウ】その時点で、アビトラは何もやらずに、待つの状態になる。(コインの数はまだ入金されてないから)
エ】一旦入金済あと、アビトラはまた裁定取引を行います

ダメのやり方

  1. 上記の例として、BITTREX で MONA の数をゼロになった時に、BITTREX で BTC を使って、MONAを買い戻す。
  2. このやり方は、MONA 値段が上がるときに、高い値段で買って入庫ので、MONA の値段下がったときに、全体の BTC 換算時に、損になります。

 

7月の裁定取引のパフォーマンス

BitbankとBittrexのMONABTCペアの裁定取引、特に6月には最高な1が月だった。 6月5日、MONABTCのスプレッドはBittrexで2倍に上昇になって、0.00089BTCの最高値を記録しましたが、Bitbankの価格はそのまま0.0004レベル前後で推移しました。裁定取引とは、BittrexでMONAを売却し、Bitbankで買い戻すことで、価格の差を簡単に利益を確保できました。

一方、7月7日までは、BTC価格が約120百万円あたりであんまりも動かなくて、静かな1週間でした。 MONABTC、LTCBTC、ETHBTCおよびBCHBTCの裁定取引してますが、利益はあんまりなかった。主に過去1週間で価格が横ばいに推移しているため、落ち着いています。

それが裁定戦略の典型的な振る舞いです。高いボラティリティ、高いスプレッド、そして高いリターン。逆に、低ボラティリティ、低スプレッド、低リターン。

 

裁定取引始めたいですが、コインをどう配分するのか?

仮想通貨のHODL投資家であれば、市場のベータエクスポージャーを獲得するのと同時に、裁定戦略を利用して利益を増やすことができます。初心者ならどう始めましょうか?

私は仮想通貨取引の初心者であれば、下記の裁定取引から始めたいと思います。

  1. まずは資本が0.50 BTCしかないため、1ペアのみ始まる。
  2. 取引所AとBのLTCBTCのスプレッドが安定的に存在することを理解しています
  3. この場合には、1ペアに資本を集中させることのほうがいいと思います。
  4. 私は0.25 BTC相当のLTCを購入します。仮に値段は0.011。私は22LTCを購入します。
  5. その後、22 LTCと0.25 BTCを取引所AとBに移動して、裁定取引戦略を開始します。
  6. 1.00%のスプレッドが出るの場合(個人の設定で)、毎回1LTCを取引所Aで売却し、取引所Bで買い戻します。1回の利益は0.00011 BTCを確保できます
  7. 22のLTCを持っているので、22回にしたら、合計0.0024 BTCを得られると考えられます。
  8. LTCとBTCを裁定取引のポジションに調整して、裁定取引を再開。現時点では、LTCのポジションは22に維持されていますが、BTCは0.0024 BTCの利益で増加しています。
  9. これを1日に数回行うことで、1日で比較的まともな利益を得ることができます。

裁定取引には、LTCとBTCの移動コストをかかるため、同時にいくつかペアを組むのではなく、シングルペアに集中したいと思います

注:以上は自身の思ってるの配分です。投資助言ではありません。ご注意ください。ただのこの数年間の裁定取引の経験によって共有しています。