7月の裁定取引のパフォーマンス – 第二弾

前回のブログで述べたように、7月の第1週は静かで市場は横ばいでした。 

https://arbitragewin.com/wp/2019/07/09/7%e6%9c%88%e3%81%ae%e8%a3%81%e5%ae%9a%e5%8f%96%e5%bc%95%e3%81%ae%e3%83%91%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b9/

しかしそれ以来、BTCマーケットはいろなな要因で、特にFacebookのLibraコインに関する規制上の不明な方向やトランプ大統領から変なコメント「ビットコインはお金ではなく、その価値は非常に不安定」の影響を受けました。

裁定取引戦略は最近の弱気市場にどのように反応しますか?

LTCBTC、MONABTC、BCHBTCおよびETHBTCのスプレッドは0.50%から1.00%の間で変動しますが、それでも簡単に利益を獲得できるという意味ではありません。主な理由は市場の流動性です。 BTCJPYは極端に価格が動いたが、投資家はBTCを売っても、アルコインを買うのではないの状況ですね。

仮に

  1. 90%の投資家がBTCを売却して、現金で保管すると。残りの10%がそれをアルコインに買う。それ状況で、BTC価格の急激な下落を引き起こしても、アルコールを買うバイヤーも少ないの状況です。裁定取引の売買約定のチャンス少なくなる。
  2. 90%の投資家がBTCを売却して、現金で保管ではなく、アルコインを買う。それ状況だと、BTC価格の急激な下落を引き起こし、アルコールを買うバイヤーも多くなるため、裁定取引の売買約定のチャンス割と多くなる。

6月のような強気市場では、投資家は売買に熱心です。これは市場で十分な流動性を生み出した。弱気市場と違うのは、投資家は売買取引に慎重になる傾向があります。アービトラージ戦略の重要な要素は、スプレッドと流動性です。利益を確保するために買いと売りを約定することが必要です。

もともと運用に充てていたBTCの数量が減っているの理由とは?

1.片方の約定:

裁定取引とは売り買い両方とも約定することで、利益を確保するとの仕組みです。但し、片方の約定はどういう意味ですか?

例: 総資産 BTC = 1.0 BTC ETH = 20

  • ⇒ 下記例として、もし片方、買いの方のみ約定して、売りの方は残ってまま【リーブオーダーという】だっとしたら、この時点でETHの数は2個増えて、BTCの数は減らしたの状況です。そのまま続きだと、BTCの数減らして、ETH数を増やした。
  • ⇒ リーブオーダー自体は元々のバランスをズレる。先の例として、ETH 2個増やした同時に、BTC減らしたです。もしリーブオーダーの場合は、この時点で、BTC数減って、ETH2個増えた。
  • ⇒ リーブオーダーが約定次第に、先の増えたの2ETHとBTCバランスを戻します。

裁定取引を行いたいとき、未確定の場合:
① 2ETH ⇒ 0.030 BTC 買、 確定 ➡ BTC = 0.97 へ減って ETH = 22 へ増えた
② 2ETH ⇒ 0.032 BTC 売りできず 未確定➡ BTC = 0.97 変わらず ETH = 22 変わらず

この時点で、BTCのバランスをズレます。時間たって、上記(2)約定する場合は:

2ETH ⇒ 0.032 BTC 確定➡ BTC = 1.002 、ETH = 20 に戻す。この時点は、バランスを戻りました。

2.端数実行リスク

取引所で取扱い出来る最小数設定してるので、それ以下の数を約定の場合は、反対側の取引を発注しません。

先ほど(1)の例と説明しましょう。

最初は、2ETH(買)を発注するときに、もしただの0.01ETHしか約定してないの場合は、システムは1.99のETHオーダーををキャンセルして、0.01ETHの売側は、発注はしません。

理由は下記の通りです:
0.01 ETHで、BTC換算にすると【0.01 * 0.03BTC = 0.0003BTC】しかないので、ほとんどの取引所は最小発注は0.0005BTC以上しないといけないので、この時点で、20 ETHから20.01になって、BTC数も0.0003BTCの分を減ります。

3.システムと取引所との通信タイミング

どういう意味でしょうか?また、(1)の例と説明しましょう。

2 ETH(買)を発注した後、約定したかどうかを確認の上、売りの方にオーダーを出すの仕組みにです。ですが、取引所とシステムとの間の通信にはタイムラグがあるのケースもあります。
「約定してない」なメッセージを取引所からシステムに返しての一瞬、取引所のどころで約定しまった。システム側は約定してないの認識のため、売りの発注はしないの状況です。

その時の数はずれます。
2ETH ⇒ 0.030 BTC 買、 確定 ➡ BTC = 0.97 へ減って ETH = 22 へ増えた。

どうするの?

色々な理由で、元々の数をずれるのは現実です。常に自分の数を調整して、減ってた時に買い戻す。増えた時に売りだすのは一番大事と思います。それはマーケットリスクを最小限にするのことです。

アービトラージ実行リスク

この前はマーケットリスク少し書いてましたがhttps://arbitragewin.com/wp/2019/07/02/裁定戦略と市場リスク/

今日は続いては裁定取引実行リスクを説明します。

実行リスク

実行リスクには、一方で取引を実行し、取引の反対側で履行できない可能性があります。その理由の 1つは、入札価格または注文価格に対して移動された状態のためです。そういった利益未確定の時に、買い売り片方のみ約定した状態となってしまうため、コインの数が最初の保有数とずれます。

下記、例として説明します。利益を未確定の例:

  • Bittrex で100 MONA の売り。価格は0.00032
  • BitBank で100 MONA を買って、提示価格は0.0003ですが、約定は出来なくて、オーダーが残ったまま。その分の利益を確保できず、未定の利益となります。

この時点で、MONA の値段が2倍になるときに、100 MONA 買い戻すために、0.00060 BTC が必要となるので、全体的に BTC の換算するときに、BTC の総数は減ったようにみられます。これをマーケットリスクと言います。(※価格はその時の相場によります)

未確定時の対応とは?

コインの数がずれているときに、自己判断になりますが、ポジションを調整すると良いでしょう。できるだけ、売りの方の価格と近い、あるいは時間が経って(例えばー日、二日待って)値段が下がったら買い戻す。という調整を自身の取引所で行います。買いの場合は:

  1. 完成してないオーダーを取り消して
  2. 同じ数を現在の値段分、買い戻しをする。
  3. それとも、いまのオーダーを残ったままにしておく。値段が0.0003に戻れば、未確定の利益を確保する。

裁定取引:ダメのやり方

損の一番理由は下記の例として説明します。

  • MONA=2000
  • BTC=1.0
  • 1回の発注サイズ:100 MONA
  • 利益設定: 0.80%
  • BTC=0.5 で、MONA は 1000 個 BITTREX でおいてます。
  • BTC=0.5 で、MONA は 1000 個 BITBANK でおいてます。

通常ただしのやり方

  1. BITTREX と BITBANK のスプレッド 0.80%出て時に、アビトラは 100 づつで BITTREX で売って、Bitbank で 100 づつで買い戻す。
  2. 以上の 10 回続いて、BITTREX の MONA 数をゼロになった時に、同時に BITBANK で MONA を 1000から 2000 になりましたと。
  3. 通常ただしのやり方は(ポジションを調整といいます)。いつも最初のMONA数を維持するのことは大事です。

ア】BITBANK の MONA を 1000 個を BITBANK から BITTREX に送金するのことです。
イ】BITTREX の BTC を 0.5 を BITTREX から BITBANK に送金するのことです。
ウ】その時点で、アビトラは何もやらずに、待つの状態になる。(コインの数はまだ入金されてないから)
エ】一旦入金済あと、アビトラはまた裁定取引を行います

ダメのやり方

  1. 上記の例として、BITTREX で MONA の数をゼロになった時に、BITTREX で BTC を使って、MONAを買い戻す。
  2. このやり方は、MONA 値段が上がるときに、高い値段で買って入庫ので、MONA の値段下がったときに、全体の BTC 換算時に、損になります。

 

7月の裁定取引のパフォーマンス

BitbankとBittrexのMONABTCペアの裁定取引、特に6月には最高な1が月だった。 6月5日、MONABTCのスプレッドはBittrexで2倍に上昇になって、0.00089BTCの最高値を記録しましたが、Bitbankの価格はそのまま0.0004レベル前後で推移しました。裁定取引とは、BittrexでMONAを売却し、Bitbankで買い戻すことで、価格の差を簡単に利益を確保できました。

一方、7月7日までは、BTC価格が約120百万円あたりであんまりも動かなくて、静かな1週間でした。 MONABTC、LTCBTC、ETHBTCおよびBCHBTCの裁定取引してますが、利益はあんまりなかった。主に過去1週間で価格が横ばいに推移しているため、落ち着いています。

それが裁定戦略の典型的な振る舞いです。高いボラティリティ、高いスプレッド、そして高いリターン。逆に、低ボラティリティ、低スプレッド、低リターン。